TIS株式会社の離職率って高いの?「行きたい度Cランク」のIT系会社を辞めた理由はこれ!

TIS株式会社というIT系企業について口コミサイトを調査していきます。
IT系企業というのは非常に離職率が高いイメージです。

というか私自身エンジニアをやってきて、毎月多い時で二桁の人間が辞めているところを見てきました。

果たして退職者はどういった理由で辞めているのか?

その理由を調査してみましょう。

TIS株式会社

口コミサイトで離職の決定的な理由になったであろう書き込みを記載していきます。

ただし、実際に休みが取れるかどうかは業務状況によるので、必ずしも取りたいときに取れるわけでもなく、年度末に無理やり纏めて休むとか、そういう対応になりがち。
特にリフレッシュ休暇は取る時期の調整が難しい。

有給消化率は完全消化を組織として目標にしているため、ほぼ使い切ることが出来る。
年に一度リフレッシュ休暇という纏めて5日休まなければ行けないイベントがあり、ワークライフバランスについては極めてホワイトな会社だと感じる。

【1日の平均勤務時間】基本的に残業が出来ないので、お客様情報などを含まない個人の事務処理などは持ち帰ってやることになる場合もある。
働き方改革と言えば聞こえは良いが、単にコスト削減をやりたいだけ、という会社の思惑は透けて見える。

引用:https://en-hyouban.com/

現役エンジニアが気づいたこと

現役エンジニアの私が「この会社に行きたい度」をA~Eの5段階で付けるとすると、

Cランク

といったところでしょうか。

TIS株式会社

の退職キーワードは、

残業に関しての口コミが多い

有給は人によって取れたり取れなかったり

残業を抑止しているが結局家で仕事をするケースもw

お金面のネガティブな書き込みがあれば私的に一番気になりますが、「自分が思っていた(聞いていた)条件と違った」という内容があれば、私の場合非常に警戒心をもってしまいます。

TIS株式会社

の場合は上にあげたようなことに気を付けて、応募できる許容範囲であればエントリーしてみましょう。

結局人によってブラックの基準も違いますからね

面接を受ける前には事前調査を行い、気になった点は面接で聞いちゃいましょう。

自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は個人的に社内SEや楽な仕事なら運用系の業務がおススメです。

転職エージェントに登録しているなら、エージェントから情報を聞き出すのも有効な手段かと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

サイト内検索
スポンサーリンク